低浸襲の超音波骨切削器|名古屋の歯科医院・テルミナインプラントセンター

お問い合わせ

中部経済新聞掲載 インプラントコラム

医院情報

医療法人エルザ会 テルミナインプラントセンター

  • 住所
    〒450-0002
    愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
    JR名古屋駅コンコース
    ファッションワン内
    ※アクセスの利便性も良いため、名古屋近郊以外にも、岐阜・三重からの患者様にもご来院いただいております。
  • 電話番号
    0120-455-758
  • 診療時間

    月・火・水・金

    9:30~18:30

    土・祝

    9:00~18:00

  • 休診日

    木曜・日曜

研修予定


かめる喜び40 低浸襲の超音波骨切削器 テルミナ歯科クリニック院長 鳥村 敏明

低侵襲オペシリーズ:7

超音波骨切削器インプラントのオペにおいて、まれに骨の中にインプラント埋入オペ時に障害となる埋伏過剰歯があります。

この過剰歯の場合、通常はタービンなどで周りの骨を大きく削除して抜歯を行うので、術後に大きな骨欠損が生じます。この大きな欠損によって、抜歯と同時にインプラントを埋入することがほとんどできず、抜歯と同時かその後に骨造成を行い、骨ができてからインプラントを埋入することが多くなるのです。

当院の施設なら、超音波で骨切削を行う「ピエゾサージェリー」を使用するので、埋伏歯周辺の骨を一層切削するだけで骨の欠損量を非常に少なくして抜歯ができます。こうすることで埋伏歯の抜歯と同時にインプラントを埋入でき、同時に骨造成も行えるわけです。

「ピエゾサージェリー」を使用すれば「短時間で」「埋伏歯の抜歯・インプラント埋入・骨造成の3つのオペが同時にできる場合が多くなり」患者さんには楽にオペが受けられます。

また「ピエゾサージェリー」は、残根状態の歯が骨と癒着した状態で抜歯に時間がかかる場合においても、比較的短時間で骨のダメージを最小限にしながら抜歯することができます。さらに「歯肉・粘膜などの軟らかい組織にほとんど傷を付けたり切ったりしない」という利点と「骨組織の治りが良い」という利点があります。そういった面から考えても「ピエゾサージェリー」は、安全で便利な器械と言えます。

もちろん、より安全に短時間に埋伏歯抜歯を行うためには、術前に必ずその形・大きさ・方向を確認する歯科用CTを撮影しておく必要があります。

埋伏歯の抜歯と同時にインプラントを埋入でき、同時に骨造成も行える

平成19年12月27日 中部経済新聞にて掲載

コラム一覧へもどる