前歯フラップレスオペと仮歯|名古屋の歯科医院・テルミナインプラントセンター

お問い合わせ

中部経済新聞掲載 インプラントコラム

医院情報

医療法人エルザ会 テルミナインプラントセンター

  • 住所
    〒450-0002
    愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
    JR名古屋駅コンコース
    ファッションワン内
    ※アクセスの利便性も良いため、名古屋近郊以外にも、岐阜・三重からの患者様にもご来院いただいております。
  • 電話番号
    0120-455-758
  • 診療時間

    月・火・水・金

    9:30~18:30

    土・祝

    9:00~18:00

  • 休診日

    木曜・日曜

研修予定


かめる喜び37 前歯フラップレスオペと仮歯 テルミナ歯科クリニック院長 鳥村 敏明

低侵襲オペシリーズ:4

上顎前歯の骨が充分にある場合は、歯肉を開く必要のないフラップレスインプラント埋入オペを行なえると同時に、インプラントに土台を装着して仮の歯を装着することができます。

この患者さんは、歯周病で上顎の正面の歯を失いましたが、幸い残った骨の量が多くあり、フラップレスインプラント埋入オペを行なうことができました。

この方法を行なった場合の利点として、
1: フラップレス埋入オペは、非常に低浸襲のインプラント埋入オペであるため、正確に行なえば術後の腫れや痛みはほとんどない。
2: 前歯でフラップレス埋入オペを行なえば、通常の2回法インプラント埋入オペの2回目のオペが不要。オペの回数が1回になるとともに通院回数を減らすことができる。
3: インプラント埋入オペと同時に、インプラントに土台を装着して仮の歯が装着できるので、取り外しの仮歯を使わなくて良い。
4: 短時間で簡単に型が採れる。
などが上げられます。

これらのメリットは、すべて患者さんにとって安全・安心であるだけでなく、負担も少なくなります。
特に2番目の利点は、遠方からの患者さんの場合、フラップレス埋入オペ後の経過だけをお知らせいただければ、次に型を採る時まで2~3ヶ月間来院しなくて済むこともあるわけです。

前歯フラップレスオペと仮歯

平成19年9月27日 中部経済新聞にて掲載

コラム一覧へもどる