骨の高さ幅が少ない場合の骨造成|名古屋の歯科医院・テルミナインプラントセンター

お問い合わせ

中部経済新聞掲載 インプラントコラム

医院情報

医療法人エルザ会 テルミナインプラントセンター

  • 住所
    〒450-0002
    愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
    JR名古屋駅コンコース
    ファッションワン内
    ※アクセスの利便性も良いため、名古屋近郊以外にも、岐阜・三重からの患者様にもご来院いただいております。
  • 電話番号
    0120-455-758
  • 診療時間

    月・火・水・金

    9:30~18:30

    土・祝

    9:00~18:00

  • 休診日

    木曜・日曜

研修予定


骨の高さ幅が少ない場合の骨造成 医)エルザ会 テルミナ歯科クリニック 院長 鳥村敏明

当院では、インプラントを行う時に「費用を少なく」「腫れない」「痛まない」「出血しない」「短時間オペで」「回数少なく」「オペ後1週間でセラミック冠装着」「長持ちさせる」「ヨーロッパ最新機能を組み込んだインプラントを使用」どうしても骨や歯肉造成を行う時は「100%安全な材料を使用する」ことなどを常に考えています。
歯周病などで歯を失った時には、骨の高さ幅が往々にして無くなります。このような場所に患者さんがインプラントを希望された場合、骨造成をしないで強力な維持力を持つインプラントをいかに埋入できるかを考えます。
しかし、骨造成がどうしても必要な場合は「いかに短時間で、腫れ・痛み・出血が少なく、安全な材料で効果的に高さ幅を獲得できるかを考えた骨造成法」を採用します。
こういう場合、低侵襲で効果的な方法としてイスラエルのドクターBenny Karmonのテクニックがあります。これは、病気の問題で安全な豚の心臓膜から作ったドイツ製の純粋コラーゲン膜を使用する方法で、この膜は6カ月以上の遮断効果を保ちます。
ドクターBenny Karmonは、この他にドイツ製の100%安全な牛由来骨補填材を使用しています。この牛由来骨補填材は、狂牛病プリオンが100%存在しえないもので、さらに1,250度の高温処理を行って純粋HA結晶にしている物です。HAとはハイドロキシアパタイトの略で、人の天然歯表面のエナメル質の大部分を占めている成分です。この材料は、1,250度の高温処理により、すべての不純物をガス化して材料の内部から外部に向かって放出しているので、材料の表面だけでなく内部にも穴が無数に開いています。
このような構造によって、この材料の内部からできた骨がこの材料の周囲にできた骨と強く結合し、全体として丈夫な骨ができるわけですが、通常のカルシウム製剤では、骨と結合しないのでぽろぽろ外れてきます。
この牛由来補填材を長期に吸収しない膜で包み、それを血流が阻害されない場所の小さな穴から歯肉の下に入れておきます。
これは痛み・出血・腫れが少なく、短時間で終わる処置ですが、骨が完成するには6カ月以上の期間はかかります。
これまでの骨造成処置は、痛み・出血・腫れが多い処置で、患者さんは我慢するかあきらめて中止していましたが、これからは楽にできる方法があることも知ってもらいたいと思っています。

■平成28年4月28日 中部経済新聞にて掲載

コラム一覧へもどる